11月の職員旅行

私達は淑女4人組でーす

11月は天候に恵まれ旅行中はずっと晴れでした

行程は9月10月とほぼ一緒ではあったものの、飛行機が冬期のスケジュールとなり、時間変更があったこともあって、私達だけバニラエアとジェットスターを利用しての旅行となりました。

まずはミラコスタ到着したときの集合写真をご覧ください。

前回までのブログで載せていました9月10月の集合写真と見比べていただくと季節の移り変わりがわかりますかね


旅行1日目は、ディズニーシーへ行きましたが、祭日ということもあってか、パーク内はかなりの人混みでした

夕食はパーク外へ

ディズニーリゾートラインで舞浜まで行き、舞浜からJRに乗ろうとするところまではよかったのですが、リゾートラインのフリーきっぷを改札口に・・・・・JRにリゾートラインのフリーきっぷでは通れないですね

しかし、4人のうち2人が通れちゃいました(笑)

っていうこともありつつも、JRのきっぷを購入し、いざ新浦安へ

お腹を満たし喉をうるおし、ディズニーシー直結ミラコスタへ戻り、夢の世界へ


旅行2日目はディズニーランドのガイドツアーに参加。なんと北海道出身のツアーガイドさんでした

そんな北海道出身のツアーガイドさんの案内でスタートしたガイドツアー、スプラッシュ・マウンテンでは乗るまで嫌がっていたMさん。

でも、後で写真を見るとしっかり顔を上げているではありませんか(笑)

※ツアーガイドさんと私達4名以外の方はモザイク加工をさせていただいております。

他、眼鏡をかけた二人は頭からビショビショ!!もう爆笑でした

そのあとのスターツアーズで、1名が体調不良になり、昼食も食べられず。


旅行3日目は、辛い体に鞭を打ち、ディズニーシーのトランジットスチーマーラインに乗ったり、他マジックランプシアターや、タートル・トークを楽しみ、ディズニーを最後まで満喫しました。

そして、なんといってもホテルミラコスタが豪華

部屋はディズニーデザイン、窓からはパーク内を眺められて常にディズニーに浸っていられる空間でした

各月で違いはあるものの、すごくいい旅行をさせていただきました


PS:私達4人のうち、1人が新千歳空港で探知機にひっかかり荷物を広げ、帰りは別の1人がひっかかり、靴まで脱がされ最後の最後まで珍道中でした

今年初の投稿は看護部です♪

こんにちは(^u^)


あっという間に1年が過ぎ健康に2015年を迎える事ができました。ブログを見て頂いている皆様、遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます


この度担当させていただく2階看護部の先日誕生日を迎え32歳になりました美人のSでございます子供3人旦那一人今年厄年...厄払いも終え『何事もなく1年が過ぎますように』と日々願いながら生活しております(笑)


今日は記念病院に『看護師になりたい!!』と言う想いを叶えてくれる素敵な制度があるという事を紹介したいと思います。


簡単に話しますと高校卒業後、正看護師もしくは准看護師になる進路を決めた場合、記念病院でバックアップしてくれる制度です。今日は『准看護師』になるために記念病院でしている主な事を話して行きたいと思います。


まず、看護学校に行く為には色々な科目の試験があります。学校によると思いますが、英語、数学、社会などがあります。

そこでなんと英語ペラペラなMr.Miwa当院院長がじきじきに講師をしてくれます(^u^)


そして晴れて看護学校に合格できた際は、当病院で午前中看護学生とし勤務をした後学校へ行きます。


その際は当院で送迎してくれますし余裕を持ち学業に励む事が出来ます


看護学校は実習というのが必ずあるのですが、『朝は早いし眠たい!!』そんな思いも送迎をしてくれる事により安心して通学する事ができます。


ここで私が指導者をしている看護学生の生の声をお聞かせいたしますね


「皆さんこんにちは学生のTです。僕の声を皆さんに届けようと思います。

看護学校に入るにあたって学校入試のための勉強会を、院長が週に2~3回講師をしサポートしてくれるのですが、英語が苦手な僕でもとてもわかりやすく楽しい授業でした。

また看護学校は深川市にあるのですが送迎もしてくれるので行きも帰りも心配ないです。

そして院内の雰囲気!看護主任や学生指導の看護師さんをはじめ看護師さん達は責任感がある人達ばかりで、その中にも明るく笑いのある職場です。と色々書きましたが看護学生に興味をもってもらえましたか?

看護学校へ行きたいけど留萌市にはない、医療に興味があるけど全然わからないから一歩を踏み出せない。そんな方安心して下さい!!

僕は去年看護学生になり何もわからない無知な僕でも周りの看護師さんに支えられて毎日充実した日々を送る事ができています!ということで宣伝みたいになっちゃいましたが未来の看護師さんお待ちしております!!以上!!看護学生Tでした」


うしろクン・・・いやT君お褒めのお言葉ありがとうございます(笑)T君は今月テストの結果を持って来てこう言いました「勉強しないでこの結果なので未来は明るいと思います」と自信満々に話しました(笑)明るく楽しいポジティブシンキングTクン、後1年頑張ってください応援していますよ。また今年新しい看護学生が入学しますので先輩よろしくお願いしまぁ~す(笑)と余談になりました。

↑T君です。以前のブログにも登場しておりましたのでプロフィールが気になる方は2014年3月のブログ記事を見てください。


それとそれと!地元を離れ看護師になりたいという方へもバックアップ制度はあるので、興味のある方はイケメン事務部長(サッカー日本代表キャプテン長谷部似)まで連絡ください。写真は本人NGがありましたので載せることができませんでしたが、なんと!これまでのブログに写真がありましたので、気になっている方は過去記事から探してみてください。


それとそれと!(パート2)参考までに...私は高校卒業後2年間旭川医師会看護専門学校に行き、寮生活をしながら看護学生とし旭川市にある病院に努めていました。親元から離れ楽しかった事はありましたが、さみしい思い、辛い思い今思えばたくさんしたなぁと思います。


私が高校生の頃にこの制度があったらもっと心に余裕のある学生生活が送れたのになぁと時々思うこともあります。1番初めにも紹介させていただきましたが子ども3人いる母親の私にとっても安心でき素敵で魅力的な制度だと思っています。

それと看護師になり早11年そんな私が最近心から思う事は患者様にとって一番の看護は心優しく接し患者様の訴えに耳を傾け聴くことだと思います。

そんな優しさが患者様の励みになり癒しになるのだと実感しています。

優しい気持ちがあれば看護師になれますよ。私は縁があり母の努めているこの留萌記念病院に努め早8年、幸い私は上司・先輩・後輩に恵まれ楽しい看護師生活を日々送っています。


職場の雰囲気も明るく楽しいです是非看護師という職業に興味を持ち当院の看護学生バックアップ制度を利用してみてはいかがでしょう。


そしてそして今年のBigイベントの社員旅行は創立10周年記念でなんと!!

夢の世界へLet‘s goooooooooooo


今からわくわくイオン行ってもキャリーケースついついみちゃったり(笑)そんな楽しい留萌記念病院今年1年もどうぞよろしくお願いしまーす


   

↑皆さんこれ、どうですか?かわいいでしょ?私の癒しのnicoriです。

  三枚目は冒頭に言いましたが32歳の誕生日ケーキです。なぜか消防車が・・・(笑)


長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

以上。Sがお届けいたしました

准看護師への道のり

こんにちは、看護部の杉本です。

私は、去年より准看護師として勤務しており、毎日先輩方に助けてもらいながら頑張っています。

そこで今回は私の看護師への道のりについてこのブログを通して、みなさんにお届けしたいと思います。

高校卒業後、ケアワーカーとして入職し、勤務していました。

日々、介護職員として働く中で看護師になれば患者様に対して自分のできることがもっともっと広がると思うようになりました。

そんな時、病院内で看護師になりたい人をバックアップしてくれる制度があると知り、自分もぜひ一生懸命頑張って看護師になろうと決めました。

病棟での勤務が終わってから院長が講師として授業をやってくださり、約一年間准看護学校入学へ向け、コツコツと受験勉強をしました。

また、私には同じ時期に私と同じ思いで勉強をし共に頑張ってきた仲間がいました。

今思うと、自分一人ではここまで頑張れなかったと思います。

一緒に頑張ってきた仲間がいたからできたことだったなーと感じます。

いよいよ受験当日。試験では今までやってきたことを。

面接では、看護師になりたいという思いを面接官へ伝えました。

結果は二人とも合格。四月から准看護学校への入学が決まりました。あの瞬間は本当にうれしかったです。

入学してからの毎日は、午前中に病棟で勤務をし、午後からは病院の方で送迎をしてもらい二年間、深川へ通いました。

一年生のうちは毎日が勉強でとにかく必死に頑張りました。

二年生になると、ほとんどが実習で毎日があっという間でした。

実習を終え、残すは准看護師試験のみ。クラスみんなで頑張りました。

今までのつらかったことや、苦しかったことなどいろんなことを思い出しました。無事に試験を終え、みんなで「やっと終わったね!」とまだ発表前なのに、やり遂げたことに対して喜びあいました。

結果は全員合格で無事准看護師になることができました。

この経験は自分にとってものすごくプラスになったし、何より自分が成長できたと思います。

でも本当に大変なのは准看護師になって、実際に現場で働くことであり、勉強の毎日です。

大変な分、とてもやりがいを感じます。

これからも日々頑張っていきたいです。

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

以上、看護部の杉本がお届けしました。