訪問看護ステーションより

「おはようございます!今日の訪問看護は、○件です。○○さん、食欲が最近ないので、脱水症状など注意して観察し、必要であれば主治医へ報告してください」

訪問看護ステーションの1日の始まりです。

この4月から24時間体制になり、夜間、休日でも対応できるようになりました。
看護師も3人から5人に増員し、一人でも多くの利用者様が、ご自宅で療養できるよう、日々奮闘しています。

そんな訪問看護ステーションの1日を追ってみましょう!

AM8:30
出勤し、夜間待機の看護師からの申し送りと、管理者からの連絡事項などミーティングします。
それぞれの看護師は、今日の訪問する利用者様の前回までの状態を、記録から読み取り、訪問看護の段取りを行います。

AM9:00
それぞれの利用者様のご自宅へ伺います。

DSCN0050.jpg 

ご自宅では○○さんが、笑顔で迎えてくれました。

一週間に一度の訪問なので、一週間お変わりなかったか、話を聞きながら、全身状態を観察していきます。褥瘡の手当をし、ベッド上で、リハビリを行います。
「今日は、調子が良さそうなので、少し座る練習をしてみましょうか」と言うと「寝てばかりいたら身体が弱るからね」と座る練習をしながら、○○さんは、幼少児のお話を聞かせてくれました。
次の訪問までの一週間、不安なく自宅で療養できるよう、食事や排泄などのアドバイスを娘さんにします。
1時間の訪問看護が終了し、「ありがとう、身体が楽になったよ、また来てね」と言っていただき、ご自宅を後にします。

こんな感じで、午前中は2件の訪問看護を終了し、ステーションへ戻ります。

AM11:30
ステーションに戻ってきてからは、記録をします。
全てパソコンでの記録になるので、若干パソコンが苦手な看護師もいますが、一生懸命打ち込んでいます。

PM0:00
お昼休みです。
お昼ご飯を食べながらも、ついつい利用者様の気になる事など、確認し合います。
1時間ゆっくり休んで、昼からの訪問の準備を行います。

午後からも、午前中のように、各自2件程度の訪問看護を行い、ステーションへ戻ってきて、記録を行うといった流れで行っていきます。

訪問が空いた時間を利用して、それぞれの担当利用者様の看護計画、評価、主治医への報告書の作成を行います。

訪問看護は、基本的に看護師一人で利用者様の自宅へ訪問するので、看護師の判断能力が必要になります。
病院のように、モニターや医療機器のない自宅で、視診、触診、打診、聴診、問診から、利用者様の全身の状態をアセスメントし、異常の早期発見を行います。

DSCN0062.jpg 

私が、訪問看護を行って、一番印象に残っている利用者様は、ご自宅で最期を看取られた方の事です。

病院から退院して1年半ほど自宅で、ご家族の手厚い介護をされていましたが、日に日に体力が落ち、食事も食べられなくなりました。
ご家族は、家で最期を看取りたいけど、いざという時に、慌ててパニックにならないかなど不安も多くありました。
私たちは、毎日点滴を打ち、ご家族に「お見送りの準備」ができるよう、お亡くなりになるまでの身体の変化を何度も説明しました。

いよいよお見送りの日が今日だな、と感じた私は、ご家族に集まっていただき、利用者様のベッドを囲んで、お話をしたり、お身体を触ったりと賑やかに過ごしてもらいました。
そして、ご家族みんなで最期を見送り、医師による死亡確認が行われたあとに、ひとりひとりお別れの言葉を言いながら、お身体を拭かれていました。
ご家族は、「病院に入院していたら、こんなにみんなでお別れできなかった、家で看取れて良かった」と言っていただき、私も、お別れのお手伝いが出来たことに、看護師としてやりがいを感じる事ができました。

このように、訪問看護では、病院で働いていた時とは、違った看護の方法で、戸惑う事もたくさんありますが、病院で見る患者さんとはまた違った表情なども見る事ができ、看護師としてのやりがいも多く感じることができます。

これからも、一人でも多く、利用者様がご自宅で療養生活ができるよう、スタッフ全員で頑張っていきたいと思っています。

インフルエンザの季節

こんにちは~♡ 今回は3階ナースからお届けしますね!

夢のようなUSJ 3日間の十分すぎるほどの充電も終わりました。
留萌に帰ってきたぞ〜という安堵感とともに、さあ今日からまた頑張ろう‼︎
という気持ちが湧きあがります🔥🔥🔥

早いもので、もう2017年も終わろうとしていますが、留萌は例年の4倍近くもの雪が降り積もり、すっかり根雪となってしまいました。除雪もままならない状態で、毎日が雪との戦いです。

留萌は世界の3大波濤に入っていますから、もの凄い暴風雪と真っ黒に荒れ狂う怒涛の海が、冬にはあまり嬉しくない名物です。

さらにこの時期はインフルエンザやノロなどの感染症の蔓延に注意が必要です。

すでに留萌の学校や保育園などの公共施設ではインフルエンザを発症しているというニュースも入ってきており、スタッフ一同に緊張が走ります。


当院は療養型の病院ですので、当然高齢の方が中心に入院されています。高齢の方は免疫力が低下していますので、インフルエンザやノロウイルスに感染することは、命の危険に直結します。

でも、なんと皆さん聞いてください!
当院はこの1年以上の期間、、入院患者様の誰一人、インフルエンザやノロウイルスに感染した方はおりませんでした。

病院として当たり前のことですが、一人も発症しなかったということは注目に値します。−チョット自慢😝−

これは患者様のご家族にも面会制限などに多大なご協力をしていただいた結果でもありスタッフ一同心から感謝しています。
ありがとうございました‼️

来年もまた、患者様の体調に十分十分注意を払い、幸福な時間を過ごせるよう
患者様との触れ合いを大切にしていきますのでよろしくお願いいたします💓💓💓
IMG_70271.jpg






口腔ケアとインターンシップ

 こんにちは、2階病棟Sがブログ担当させていただきます
まずは、2階病棟の紹介をさせていただきます。看護師の平均年齢30~40歳、20代の看護師も4名いる若さあふれるスタッフで構成されています。毎年病棟目標を立てているのですが、今年度は、「口腔ケアに力をいれよう」という目標をかかげ、患者様の肺炎予防や、嚥下の訓練にもつながるよう努めてきました。急性期の治療を終え、療養目的で入院されている患者様のために、心のこもったケアと笑顔に努めています。
 口腔ケア

 私はこの留萌記念病院で10年勤務しておりますが、一番この職業に就いてよかったなと思うことは、やはり「ありがとう」と患者様やその御家族から言われることです。看護師という仕事はすごくやりがいはありますが、常に命と隣り合わせな仕事です。10年以上働いていますが、患者様の容体が急変すると、今でも緊張してしまいます。これでいいのかなと考えた日もありました。しかし、「ありがとう」と言う言葉に何度救われたかわかりません・・・。私も患者様のケアをした後は、必ず「ありがとうございます」と声をかけることを心がけています。
 
 今回は当院で取り組んでいる職場体験(インターンシップ)についてご紹介させていただきます。当院では、年に4,5回職場体験の受け入れをしております。小学6年生から高校3年生まで、色々な学校から体験にきてくれています。小学生は手作りナースキャップをつけ、中学生や高校生には実際に白衣を着てもらっています。私は職場体験を担当して5年以上になりますが、将来、医療の仕事につきたいと考えていたり、将来の目標を迷っていたり、色々なことを考えながら体験をしているのが伝わってきます。内容はバイタルサイン測定や包帯巻体験、疑似血管を使用した注射体験(これが人気№1体験項目)など盛りだくさんでお送りしていますが、初め緊張ぎみな子も疑似血管注射体験では「すごい」と目をキラキラさせ体験してくれています。

 多くの子どもたちを見ていますが、中学生で体験にきてくれた子が、高校生になってからも当院の職場体験にきてくれたりとすごく感動する場面もあります。そのなかでも、高校生の時の職場体験にきてくれた子(もう子じゃないかな...立派な成人男子)が、今現在当院で働きながら、仕事と勉強の両立をしていることにしみじみと自分も歳をとったんだなぁ…じゃなく 喜ばしいことだなぁと思っています1人でも多くの子供たちが、当院のインターンシップに参加したことで将来の夢につながることができるよう、興味を持ってもらえるような内容を考え実施していきたいと思います。

 ナースキャップ
職場体験の際、小学生が作った手作りナースキャップです

 最後になりますが、看護師は、患者様と心が触れ合えるとても素晴らしい職業です。死に直面するときは辛く涙を流してしまうこともありますが、大好きな看護師という仕事をおばあちゃんになるまで続けていきたいと思います。

続きを読む»

行ってきました!USJ!!

 こんにちは
今回は外来からお届けします。

 今年の職員旅行、なんとユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ 第1班行って参りました!!

 1日目 朝7時に出発し、バスの中USJのアトラクションについてお勉強
ハードな乗り物も多く、絶叫系が苦手な私は不安が募ります

 ANAで快適な空の旅をし、無事に大阪着!! バスに乗り継ぎホテル着!! USJの目の前に立地しているオフィシャルホテル『THE PARK FRONT HOTEL』新しくて綺麗で、かっこいい

 さぁ、いざUSJへ!
テレビでしか見たことなかったUSJ
地球儀回ってます 感動です
image3.jpg


 今回の旅行も前回のディズニ-ランド同様に並ばなくても優先的にアトラクションに乗る事ができるパスが付いていて、まずはあの有名なハリーポッターへ!
3Dメガネをかけて、自分もホウキ(ニンバス2000?)に乗って優雅に空中遊泳気分…
なんて生ぬるいもんじゃない!!  猛スピード・急降下…終わった時には顔色真っ青のリタイヤ者続出(汗)!
私も途中、目を閉じてしまっていたけど…(笑)でも楽しかったですよ

 続いて、ジュラシック・パ-クのフライング・ダイナソ-!
恐竜に背中を掴まれた状態でフライングするジェットコースターです
わたしは恐ろしくて乗れませんでしたが、「ブランコも乗れない」と言っていた職員が、乗りました!旅のテンションマックスによるミラクルですね

 そして夜になると、USJはちょうどハロウィーン期間でいたる所にゾンビが出現していましたよ
2日目は各々、1日京都観光コース、半日USJ・半日大阪観光コース、1日USJコースを選べたので、私は半日大阪・半日USJのよくばりプランにさせてもらいました
道頓堀に通天閣、大阪といえば行ってみたいところをしっかり押さえて、満喫

 3日目は、苦手なジェットコースターになぜか私も乗る羽目になりましたが(笑)、16時までUSJを堪能して、皆、大量のお土産を片手に、無事に留萌に帰ってきました。

image1.jpg


 「ほんまやで~」「ありえへん」を連発し、くたくたの皆を笑いで復活させたHさん、本物かと疑うくらいビリケンさんになった福の神Kさん、スヌーピーのジェットコースターで幼児よりも大騒ぎしていたHさん、最後皆からの感謝の言葉に感涙しバスを乗り間違えた幹事、よしもと製薬(笑)『ヨクスベール』という薬という名のラムネで、最後まで笑いを処方してくれた先生。全部を紹介しきれませんが、第1班総勢30名、皆のおかげでずっと笑いっぱなしのとても楽しい職員旅行でした

 こんな機会を与えてもらえて本当にありがたいです。
明日からも仕事頑張ります!!ありがとうございました。

 第2、第3班も楽しんできてね~

訪問看護ステーション 季実の杜

今回は、8月に開設された【訪問看護ステーション 季実の杜】からステーションの紹介と、私の趣味をお伝えします♪

理事長の「留萌地域の医療に貢献したい」との思いで留萌記念病院に訪問看護ステーションが開設されました。もともと訪問看護に興味があった私は、一番に手を挙げさせてもらい、今は他2人のベテラン看護師と3人で訪問看護の仕事を行っていますヾ(*´∀`)ノ
病院とは違い、医療器具や材料などない自宅の中で、ある物を利用して看護を行う想像力や判断力が必要です。いつも3人で「あーした方がいいんじゃない?あれを使ったらいいんじゃない?」など訪問先では1人で看護を行ってくるので、帰ってきてからは常に相談しながら(たまには、話が違う方向へ行くことも・・・)日々送っています。若干年齢層の高い看護師3人で「行ってきまーす」「おかえりなさーい」と響きあうステーションで、これからも頑張っていきたいと思っていますヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノ

さて、看護という仕事が大好きで、生まれ変わっても看護師になりたいと思うほど、この仕事が好きですが、仕事を頑張れるために、休日や仕事を終えてからの趣味の時間も大切にしています。
一つは、登山です。今まで登った山は、八海山、羅臼岳、斜里岳、羊蹄山、十勝岳、旭岳、暑寒別岳、富良野岳、南暑寒別岳、黄金山などなどです。どこも素晴らしい山ですが、どの山もキツイですね~。゚(゚´Д`゚)゚。
中には9時間もかかった山もあります。「なんでそんなキツイのに登るの?」とよく聞かれますが、登らなかったら見られない山頂からの景色や降りてきてから、下から見上げた山を見て「この山は私のものになったな❤」と勝手に自分のものにしてしまう達成感が、また登山への意欲となるのです。
北海道にはまだまだたくさん素晴らしい山があるので、私のもの❤にしていきたいと思いますヾ(*´∀`)ノ
訪看画像①訪看画像②   
もう一つは、マラソンです。もともとは、登山するために体力を付けようと、走り始めたら、少しずつ走れるようになり、ハーフマラソンにも出られるようになりましたo(^-^)o根室、千歳、旭川とハーフマラソン大会に参加してますが、これもまたキツイですね~。゚(゚´Д`゚)゚。
その中での楽しみが、「エイド」を全て食べる事です!また、沿道からの応援も走る励みにもなります。走り終わった後の達成感とビールの美味しさは、やめられませんヘ(゚∀゚*)ノ
訪看画像③          
最後の一つは陶芸です。月に4回、仕事が終わってから陶芸サークルに通って、好きな物を作っています。土を練ったり、削ったりと短時間でもかなり集中でき、心が無になれる時間です。
お酒好きな私なので、酒器が多い(汗)ですが、自分で作った器で飲むお酒も食事も格別ですよ~ヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノ
訪看④         
まだまだ、スキーをしたり、梅酒や味噌作りなどたくさん楽しみながら、今、始まったばかりの訪問看護の仕事も頑張っていきたいと思っていますo(^-^)o
プロフィール

ブログ担当スタッフ

Author:ブログ担当スタッフ
日々の出来事を徒然に書き綴りました
病院の雰囲気を少しでも感じていただければ幸いです

最新記事
アクセスカウンター
シンプルアーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR