訪問看護ステーションだより

こんにちは! 訪問看護ステーション 季実の杜です。

私たちは 所長、主任含め全員で10人です。以前ブログを書かせていただいたときからメンバーが2倍になりました!ステーションは老健季実の杜の2Fにあり、利用者さんのことはもちろんプライベートな話など和気あいあいと日々楽しく仕事をしています。

202012集合

訪問に行く時はこのバッグを持って行きます。

  202012かばん1  202012かばん2


お家に伺った時に対応出来るよう何でも入っています。
体温計、血圧計、SPO2測定器、聴診器はもちろんのこと、マスク、手袋、エプロン、採血やルートキープに必要な針類、生食シリンジやカテーテルチップ、ペンライト、等の医療用具。
爪切り(必須です!ご高齢の方は自分で爪を切ることが困難なので)、内服管理でお薬を入れる為の小さなジップロックのようなポチ袋、ごみ袋、(買い物袋やポリ袋)、いつでも洗浄できるように100均で売っているソースなどを入れるボトル、訪問毎に使うアルコールジェル、耳かき、綿棒、ピンセット、などなど。まだまだ入っているものはありますが……。
人それぞれ微妙に持ち物が違っているなど個性があります。
こんなにバッグの中に入っているのに時々忘れ物することも……(;^ω^) 


雪が積もった日は車の雪下ろしをしてから出発します。
道路状況が悪い日もあるので運転には十分気を付けています。
市内だと片道5分~10分。少し離れていますがとなり町の増毛、小平、鬼鹿まで訪問に行きます。

・利用者さんの情報共有は常にかかさず。
・ 「家で過ごしたい!」 という利用者さんやご家族の気持ちを最優先に考え、私たちが出来ることを援助していく。
・自宅で病気に上手に向き合い、生活していくための 「押しつけない看護」 を。
という3点をモットーに日々働いています。
その他、個人個人でいろいろ看護観はあると思いますが、ケアや援助の仕方は統一しています。


今年も残すところあとわずかになりました。
新型コロナウイルス感染症の影響でいつもより寂しいクリスマスや年末年始を迎えますが、来年はオリンピックもありますし、今年より楽しい1年になると良いですね。
手洗い、うがい、マスクはもちろん、三密を避け、感染対策を十分に行い、日々頑張っていきましょう!
少々早いですが。 メリークリスマス! & 良いお年を!

クリスマス会準備

みなさんこんにちは、訪問介護事業所 季実の杜です。

いよいよ冬に向けて寒くなり、留萌にもそろそろ雪が降ってくる頃ですね~((+_+))
さて、今訪問介護事業所では12月に行うクリスマス会に向けて施設に飾る装飾や職員による余興の計画・準備をしています。

今年は新型コロナウイルス感染防止のため大きな行事が出来ない中でも、入所者様に楽しんで頂けるよう夏祭りや敬老会を行いました。
今は面会制限もありご家族にお会いする事が難しく、笑顔が少ないように感じます(´;ω;`)ウゥゥ
そこで私達職員で行事を通じて入所者様たちを笑顔に出来るように楽しい内容を計画立てていきたいと思っています!

今クリスマスに向けて取り組んでいるものは手作りのクリスマスツリー✨✨

202011ツリー作成

202011ツリー作成3

職員が色々なアイデアを出し合い取り組んでいます。
これは、模造紙を切り取り木の形を作り、この模造紙に花紙で作っている緑の花を前面に付けてツリーを作っていくところです。実はこの花紙を折ったり花を作ったりは入所者様に手伝って頂き、皆さんで完成を目指しています(笑)

202011ツリー作成2

これは折り紙でポインセチアを作っている所です。
入所者の方も器用なもので、職員より上手に作ります(笑)私は小さい頃から折り紙が苦手で折り紙の本を見ても完成する事が出来ないほど不器用で、私はお花紙をもくもくと折る係です・・・😅💦

202011ポインセチア

段々と施設の中もクリスマスの飾りが増えてきました🎄
まだまだこれから本番に向けて飾りをつけていきます✨✨

202011クリスマス飾り

毎年クリスマス時期になると色々な飾りが売り出しているので見るだけでも楽しくワクワクしてきます(笑)
入居者様にも行事を通じて季節を感じて頂き、少しでも施設生活を楽しんでもらえるように心がけています。

今は新型コロナウイルス感染症の流行でどこへ出かけるのも難しく、大きな行事も出来ず自粛の日々が続いています。ニュースでは毎日感染者の人数が流れるなど暗いニュースばかりです。
入所者様との会話も新型コロナウイルスの話になり、ご家族にも会いたいと寂しい思いを聴くばかりです😢
年間の行事を通じて笑顔に出来るよう職員一同頑張りたいと思います!

今回は訪問介護事業所 季実の杜からお送りしました~✌


介護支援のお仕事

 10月となり、早いもので令和2年も残り2ヶ月余りとなりました。
今年は残暑が厳しく9月中頃まで暑い日が続きましたが、最近は雪虫をみかけるようになり、冬の訪れを実感するようになりました。

 今月は居宅介護支援事業所 季実の杜が担当します。
今回は介護支援専門員の役割について紹介したいと思います。
居宅介護支援事業所の仕事内容については以前のブログをご覧いただければと思います。

 当事業所は2階に事務所があり、介護支援専門員3名体制でご自宅などで生活されている高齢者の方々の支援をさせていただいております。
 また、1階は老人保健施設になっており、老健の介護支援専門員も合わせて合計4名で仕事をしています。
202010集合写真

 介護支援専門員は「介護保険法」に規定された専門職で、ケアマネジャーとも呼ばれており、「要介護者等からの相談に応じ、その心身の状況に応じた各種サービス事業者との連絡調整を行う者」とされています。
具体的には何をするのか、訪問介護やデイサービスなどの介護保険のサービスを利用する流れで説明ししていきます。


① 居宅介護支援事業所などの介護支援専門員にサービス利用について相談。
② 担当となる介護支援専門員がご本人の身体、生活、家屋の状況を確認。
③ 介護支援専門員が希望するサービスや必要なサービスなどを把握し、
   事業者と連絡調整を行う。
④ サービスの予定や内容を記載した介護計画書を作成し、本人・家族・
   事業者が集まり、打ち合わせ(サービス担当者会議)を行う。
⑤ サービス担当者会議での決定をもとにサービスが開始。

 このとおり、介護計画書がなければサービスの開始ができないため、介護支援専門員の仕事はスピードが大事です。
もちろんサービス開始後も、定期的に本人の状況を確認し、「サービスを増やしたい」「他のサービスも必要」といった場合は都度他の事業者との連携を図り、計画書を作り直します。
202010一戸
Iケアマネ「他の職種と関わる機会が多く、専門性を発揮していく場面が非常に
     多いです。ケアマネジャー一人では解決に導けなくとも、多職種
     共同で利用者様の課題解決に向け実行していく事はとてもやりが
     いのある仕事と言えます。」

 最初の段階でどこに相談したらよいかわからない時や、介護保険のことがわからないといった時は、市町村の介護保険課や地域包括支援センターなどに相談し、事業所の紹介をしてもらうこともできます。
202010天阪
Aケアマネ「問題を解決し利用者様、家族様が喜んで頂けることがやりがい・
     生きがいです!」

 介護保険の大きな役割は「要介護者の自立支援」であり、どのようなサービスを利用すれば自立した生活ができるか、もしくは要介護状態の軽減につながるか、といった視点が重要となります。
202010上野
Uケアマネ「利用者様の意向に添い生活の実現に携われることは
     やりがいです。」

 このように、介護支援専門員には要介護者本人の状態だけではなく、今後の方向性、生活環境、家族の介護負担の軽減といった、要介護者を取り巻く生活全体について視点をもつ必要があります。
202010日下部
Kケアマネ「10年間培ってきた介護支援の知識を活かし、利用者様の望む生活
      スタイルを提供する事が僕にとってのやりがいです。」

 以上、簡単ではありますが介護支援専門員についてご紹介させていただきました。
 今後、皆様やご家族の方が介護が必要になった時の参考にしていただければと思います。

202010居宅案内文

季実の杜 敬老会

老健季実の杜の介護部門がお届けいたします(^O^)

9月21日月曜日は敬老の日です。
一足早い9月17日木曜日、季実の杜の敬老会を行いました。

今回は敬老会の様子をお伝えしたいと思います(*^^*)

まずは副施設長による開会の挨拶から始まりました。
202009開会

引き続き、ご長寿の表彰式です。
喜寿(77歳)1名
傘寿(80歳)1名
米寿(88歳)4名
卒寿(90歳)4名
の10名の方々に表彰状が贈らました。
202009表彰

当施設には100歳を超えている方が、なんと2名いらっしゃいます!!!
その2名、101歳と103歳の方々には職員手作りのブーケが贈られました。
職員が手作りした愛情たっぷりのブーケです✻
202009ブーケ

表彰の際には笑顔で喜んで頂き、感涙される方もいて職員の私たちも嬉しかったです(*^▽^*)

そして、敬老会のメインイベントである、我が法人の歌姫 神林留美子さんの歌謡ショーです(^^)/
202009歌姫

素晴らしい歌声でした(*^_^*)
みなさん、口ずさんだりうちわを振ったり涙を流したり、聴き入ってました(^^)/
歌謡ショーが終わった後は、職員より利用者様一人ひとりにプレゼントが贈られました(^_^)
202009プレゼント

プレゼントの中身は衣類だったり靴だったり、ひざ掛けや座布団など日常生活に役立つものを
利用者様一人ひとりのことを考え、職員が選びました。
すぐに使ってくれる方もいて、喜んでいただけて嬉しかったです(*^^*)

お昼ごはんは敬老会の特別メニューです♪
202009敬老食お品書き

茶碗蒸し、お吸い物がついて
品数が多く、ボリューム満点でした\(^o^)/
202009敬老食一式

「お腹いっぱい」と言いながら、完食した方もいました(^_^)
刻み食の方のお弁当箱には刻む前の状態がわかるよう写真付きです♪
202009敬老食

202009敬老刻み食

モリモリ食べて頂きました(*^^*)
202009食事風景


午後の3時のおやつは敬老会と9月のお誕生会ということもあり
豪華なおやつでした♪
秋ということで、壺屋のカボチャのケーキです(●^o^●)
202009かぼちゃケーキ

202009ケーキ

お昼ごはんをいっぱい食べましたが、みなさんペロッと完食されていました(*^^*)
甘いものは別腹ですね(^_-)
食欲の秋にふさわしい敬老会になりました\(^o^)/

今年の敬老会は新型コロナウイルス感染症の流行により、ご家族はご招待できませんでした。
色々な面で、利用者様にもご不便やご不安を感じさせているかと思います。
そんな中でも今回の敬老会で利用者様に楽しい時間を過ごしてもらい
少しでも気分が晴れたなら嬉しく思います(^_^)

老健季実の杜の介護部門がお届け致しました(^^)/

オロロン花火大会

 今年は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、お祭りや花火大会が各地域で中止になったことと思います。そのような中、留萌市では花火大会のみが開催されました。
 今回は職員数人とミャンマーから来た技能実習生5人、そしてインドネシア出身でアリス学園卒業後、留萌記念病院に来てくれた、アンドレアスさんと8月9日(日)にオロロン花火大会に行ったことを綴ろうと思います。
202009全員写真



日本の花火を見たみんなの感想は、『きれいでびっくりした』『花がめっちゃきれい』『ミャンマーは5回くらいしか花火はないのに、日本の花火はたくさんあった』『花火が大きい』『浴衣を着て見るのがうれしかった』『来年も見たいです』などなど。みんなニコニコしながら話してくれました。
202009浴衣前 202009浴衣後ろ姿 2020093人
 
 誰もが経験したことのないこの新型コロナウイルスの時代。私たちでさえ、不安を抱えながら生活しています。ましてや地元から離れ、遠い国から来てくれたこの6人。

 彼らを支え守って行きたい、そう心から思った日でもありました。
 みんなが笑顔で、安心した生活を送れるように、これからもサポートしていきたいと思います。来年も花火が見られますように……。

以上、看護部からお送りしました。
202009花火
プロフィール

ブログ担当スタッフ

Author:ブログ担当スタッフ
日々の出来事を徒然に書き綴りました
病院の雰囲気を少しでも感じていただければ幸いです

最新記事
アクセスカウンター
シンプルアーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR