通所リハビリ 外出行事

皆さんこんにちは。

今月は、通所・訪問リハビリテーション事業所 季実の杜がお送りします(^^)/

はじめに、通所についての簡単な説明をさせて頂きます。

通所は老健 季実の杜の2階を利用して行っています。

来設される方の多くは、有料老人ホーム 季実の杜の入居者様で、少数ですが、在宅の利用者様も来設されます。

通所では個別リハビリと待機中の認知予防の運動を行い、その後、おやつレク・ゲームレクを行っています。

また、温かい時期になると外出行事を行っています。今回は外出行事についてお送りしたいと思います。

外出行事は5月から行っており、5月は桜見学に神居岩へ、6月は菜の花見学に礼受牧場へと行ってきました。

外出行事の前後では悪天候の日があり、「(晴天の日に)行けるだろうか?」「寒くないだろうか?」と心配する声もありましたが、無事、通所に来設されている利用者様と見学に行けました。 
 
桜の花見\(^^)/

P1010290.jpg P1010256.jpg


満開を逃しましたが、きれいな花の下、利用者様と楽しいひと時でした(^_^)

菜の花見学

P1010319.jpg P1010346.jpg


タイミングよく満開の時期に行けました!

天候は残念ながら曇天でした(⑅╸▵╺⑅)ㆀ

さて、7月はというと、果物が生り始め食べたくなる時期です。スイカやベリー系も良いですが、さくらんぼ狩りに行ってきます!!

6月末から悪天候が続き、7月に入っても雨天や曇り空がほとんどの日が続いています。

さくらんぼの農家さんに事前に連絡した際には「(7月の)中旬以降は良い頃だと思う」とお話しされていましたが、美味しいさくらんぼを味わうことが出来るのでしょうか…。

以上、通所リハビリの外出行事についてでした。

また機会があれば他の行事等について紹介していきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。

訪問介護事業所より

皆さんこんにちは。今月は訪問介護事業所よりお届けいたします(^^)/

6月に入り段々と夏に向けて気温も上がってきましたが、まだまだ朝晩寒い日があります。
風邪に気を付けて体調管理もきちんとしなければなりません!皆さん体調には気を付けましょう。

さて、毎年訪問介護事業所では、有料老人ホーム季実の杜の横にある小さな花壇にお花を植えているのですが、今年は入居者様が居室にてトマトの苗を育ててくれていました(^^♪

その苗を是非!花壇に植えたいとお話があり、入居者様と一緒に栽培のコツやポイントを教えていただきながら植えました♪

昔から農家をやっていただけに流石です・・・プロは違います(驚

DSC00910.jpg

DSC00907.jpg


DSC00908.jpg


DSC00909.jpg 

実は去年もトマトを植えてみたですが、実があまり良くなかったので今年は入居者様(プロ)のアドバイスのもと肥料を変えました。今から収穫が楽しみです。

食堂からは花壇の様子が見えるので、入居者様と苗の育ち具合を見ながら談笑しています。



今後も入居者様と一緒に出来る事を増やし、楽しみながら生活を送れるよう支援していきたいと思います🐼

以上、訪問介護事業所からお送りいたしました(^^♪

訪問看護ステーションより

「おはようございます!今日の訪問看護は、○件です。○○さん、食欲が最近ないので、脱水症状など注意して観察し、必要であれば主治医へ報告してください」

訪問看護ステーションの1日の始まりです。

この4月から24時間体制になり、夜間、休日でも対応できるようになりました。
看護師も3人から5人に増員し、一人でも多くの利用者様が、ご自宅で療養できるよう、日々奮闘しています。

そんな訪問看護ステーションの1日を追ってみましょう!

AM8:30
出勤し、夜間待機の看護師からの申し送りと、管理者からの連絡事項などミーティングします。
それぞれの看護師は、今日の訪問する利用者様の前回までの状態を、記録から読み取り、訪問看護の段取りを行います。

AM9:00
それぞれの利用者様のご自宅へ伺います。

DSCN0050.jpg 

ご自宅では○○さんが、笑顔で迎えてくれました。

一週間に一度の訪問なので、一週間お変わりなかったか、話を聞きながら、全身状態を観察していきます。褥瘡の手当をし、ベッド上で、リハビリを行います。
「今日は、調子が良さそうなので、少し座る練習をしてみましょうか」と言うと「寝てばかりいたら身体が弱るからね」と座る練習をしながら、○○さんは、幼少児のお話を聞かせてくれました。
次の訪問までの一週間、不安なく自宅で療養できるよう、食事や排泄などのアドバイスを娘さんにします。
1時間の訪問看護が終了し、「ありがとう、身体が楽になったよ、また来てね」と言っていただき、ご自宅を後にします。

こんな感じで、午前中は2件の訪問看護を終了し、ステーションへ戻ります。

AM11:30
ステーションに戻ってきてからは、記録をします。
全てパソコンでの記録になるので、若干パソコンが苦手な看護師もいますが、一生懸命打ち込んでいます。

PM0:00
お昼休みです。
お昼ご飯を食べながらも、ついつい利用者様の気になる事など、確認し合います。
1時間ゆっくり休んで、昼からの訪問の準備を行います。

午後からも、午前中のように、各自2件程度の訪問看護を行い、ステーションへ戻ってきて、記録を行うといった流れで行っていきます。

訪問が空いた時間を利用して、それぞれの担当利用者様の看護計画、評価、主治医への報告書の作成を行います。

訪問看護は、基本的に看護師一人で利用者様の自宅へ訪問するので、看護師の判断能力が必要になります。
病院のように、モニターや医療機器のない自宅で、視診、触診、打診、聴診、問診から、利用者様の全身の状態をアセスメントし、異常の早期発見を行います。

DSCN0062.jpg 

私が、訪問看護を行って、一番印象に残っている利用者様は、ご自宅で最期を看取られた方の事です。

病院から退院して1年半ほど自宅で、ご家族の手厚い介護をされていましたが、日に日に体力が落ち、食事も食べられなくなりました。
ご家族は、家で最期を看取りたいけど、いざという時に、慌ててパニックにならないかなど不安も多くありました。
私たちは、毎日点滴を打ち、ご家族に「お見送りの準備」ができるよう、お亡くなりになるまでの身体の変化を何度も説明しました。

いよいよお見送りの日が今日だな、と感じた私は、ご家族に集まっていただき、利用者様のベッドを囲んで、お話をしたり、お身体を触ったりと賑やかに過ごしてもらいました。
そして、ご家族みんなで最期を見送り、医師による死亡確認が行われたあとに、ひとりひとりお別れの言葉を言いながら、お身体を拭かれていました。
ご家族は、「病院に入院していたら、こんなにみんなでお別れできなかった、家で看取れて良かった」と言っていただき、私も、お別れのお手伝いが出来たことに、看護師としてやりがいを感じる事ができました。

このように、訪問看護では、病院で働いていた時とは、違った看護の方法で、戸惑う事もたくさんありますが、病院で見る患者さんとはまた違った表情なども見る事ができ、看護師としてのやりがいも多く感じることができます。

これからも、一人でも多く、利用者様がご自宅で療養生活ができるよう、スタッフ全員で頑張っていきたいと思っています。

居宅介護支援事業所

皆さんこんにちは(^O^)

今月は、居宅介護支援事業所 季実の杜が日常の風景とともにお届けします。

まずは去年よりケアマネージャーとなりましたI.Sが簡単ではありますが、自己紹介を致します。

「以前は5年間ほど介護職員として入所者様のケアをさせていただいており、きっかけは祖母の入院でした。“困っている方の手助けをしたい”という気持ちが強く表れた事を今でも覚えています。その後は介護支援専門員の試験を受け、約半年間の研修を経て去年の六月より、現在の職種に就いています。他職種との連携も図りながら、今後も精進します!!」

続きまして、介護支援専門員(ケアマネージャー)のメンバー紹介をします(#^.^#)

【プロフィール】K主任ケアマネージャー
ブログ1 ・居宅管理者
 ・ケアマネ歴11年
 ・趣味は去年購入したドローン操作・飛ばした経験無し‘笑’
 “Kケアマネより一言”
 「主任ケアマネとして職員の指導や業務管理を行い、利用者様の日常生活を安全に過ごせるよう、介護計画書を作らさせて頂きます。」


【プロフィール】Uケアマネージャー
ブログ2 ・ケアマネ歴4年
 ・趣味はペットのウサギのお世話と料理(^J^)
 ・“Uケアマネより一言”
 「利用者様の笑顔が何よりの喜びです。これからも臨機応変な対応を心掛けます。」


【プロフィール】Iケアマネージャー
ブログ3 ・ケアマネ歴1年
 ・趣味はドライブ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
 “Iケアマネより一言”
 「身軽さがウリです・・‘笑’日々、邁進します!!」」

以上、3名で構成されています(^u^)

もう一人、季実の杜ではケアマネがおり、老健施設を担当しております。計4名で介護保険業務の連携をとりながら、日々従事しています。

【プロフィール】Kケアマネージャー
ブログ4 ・ケアマネ歴7年目
 ・趣味はペットとじゃれ合う事と青いリンゴも大好き?笑
 “Kケアマネより一言”
 「施設ケアマネを担当しておりますが、在宅の相談も対応 していますので、よろしくお願い致します!!」

主な仕事の内容として、介護のご相談から実際の支援と幅広く対応させて頂いています。

他にも私たちは、毎週1回、事例検討会議を行っています。
どういった会議かといいますと、日々の業務の改善方法や支援方法に関する意見を話し合う場です。
技術向上の機会でありながら、自分の考えだけでは気付けなかった部分に気付けたり、専門性が身についたりと、とても重要な会議であります。

最後になりますが、私たちの仕事は単調な流れとはいかず、流動的な考え方が求められますが、それだけやりがいのある仕事です。
利用者様の歩む道に一緒に付き添わせていただけるのは、「ありがとうございます」の一言につきます。

介護に関すること、ご相談下さい。
① 入浴や排泄に介護が必要になってきた・・・
② 買い物や外出が一人では困難になってきた・・・
③ 介護用ベッドや歩行器を使いたい・・・
④ 介護保険制度の事を詳しく知りたい・・・など


ブログ5

医療法人社団 心優会
居宅介護支援事業所 季実の杜 担当
介護老人保健施設 季実の杜 担当
〒077-0042 留萌市開運町1丁目5番1号
代表電話番号 0164-43-4400

長くなりましたが、以上でケアマネの紹介と日常の業務についての紹介でした!!
最後まで読んで頂き、ありがとうございました(●^o^●)

老健だより

今月は、老健 季実の杜 の行事を紹介します( ^_^)/□☆□\(^_^ )

季実の杜では毎月入所者様の誕生会などの行事を行っています。市内の歌謡サークルなどにお願いし、コンサートなどを開催していただいておりますが、現在はインフルエンザの流行により面会制限中のため、職員の出し物などで入所者様に楽しんでいただいたり、誕生日をお祝いしています。今回は施設で行った行事についてご紹介したいと思います

2月上旬に節分大会と、中旬に誕生会を行いました。

職員が鬼役をつとめ、皆様一斉に鬼に向って「鬼は外、福は内」と豆代わりのチョコレートを投げていました
(*´>∀<)/・゜゜・。福はぁ~うち!
皆さん力いっぱい鬼に豆(チョコ)を投げ、鬼も「痛い、痛い」と逃げ回っていました。
・゜゜・。\(>∀<`*)鬼はぁ~そと!

・豆まきの後は鬼と一緒に記念撮影
DSC01985 加工済(白線) 

中旬の誕生会ではスタッフによるマジックショーを行いました

季実の杜が誇るマジシャンK職員と助手に指名された職員が皆様にマジックを披露しました。
(∩´‘▽‘`)⊃━☆゚.*・。  (∩´‘▽‘`)⊃━☆゚.*・。 (∩´‘▽‘`)⊃━☆゚.*・。

ショーでは風船を飲み込んだり、口からトランプを出すマジック、リングを使用したマジックなど皆様お馴染みのマジックから斬新なマジックまで多数披露してくれました。
見たことのないマジックには歓声が、見たことのあるマジックには「これは○○ってやるんだよ」とネタ晴らしをしてしまい周囲を笑わせる人もいました( ̄▽ ̄;)
DSC02013.jpg  DSC02014.jpg

入所者様と職員でハッピーバースデーの歌とプレゼント贈呈を行い、プレゼント贈呈の後はお茶会で誕生者をお祝いしました。
DSC02016 加工済(白線)                         

3月の行事は、ビンゴ大会を予定しています。
誕生会の他にも入所者様も参加される防災訓練や、春になるとお花見などの外出行事も予定しています。
これからも行事の様子などをご紹介していきたいと思っておりますのでよろしくお願いします。
プロフィール

ブログ担当スタッフ

Author:ブログ担当スタッフ
日々の出来事を徒然に書き綴りました
病院の雰囲気を少しでも感じていただければ幸いです

最新記事
アクセスカウンター
シンプルアーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR